ネットワーク技術用語辞典 の BPSKに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

BPSK

読み方、または別称:いーぴーえすけー

BPSKとは、位相偏移変調(いそうへんいへんちょう)もしくは位相シフトキーイング(phase-shift keying、PSK)の形式のひとつで、基準信号の位相を変調・変化させることで、データを伝達させることができるデジタル変調である。BPSK(binary phase-shift keying)は、PSKの中でももっとも単純な形式となる。
180度分離された2つの位相を使っているため、「2-PSK」とも言われている。重要なのは信号点の位置ではなく、この形でそれらは実軸において0度と180度に示される。また誤った内容に復号されるには、致命的なほどの妨害波を必要としたため、PSKの中でももっとも強力な形式となっている。
しかし、1シンボルあたり1ビットのみの変調であるため、帯域幅が限定されている場合などのデータ転送には、不向きである。PSKは、BPSK以外にも四位相偏移変調(QPSK)や差動位相偏移変調(DPSK)もある。QPSKは、quaternary またはquadriphase PSK、40PSKなどとさまざまな呼ばれ方がある。
信号空間ダイヤグラム4点を使用し、円状に配置。4段階の位相を用いて、1シンボルにつき2ビット符号化できる。DPSKは、differential phase-shift keyingに略となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る