放送 の BMLに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

BML

読み方、または別称:びーえむえる

BMLとは、Broadcast Markup Languageの略称である。XMLベースのデータ放送向きの記述言語で社団法人電波産業界(ARIB)によって策定されている。BMLが使用されているものとして、BSデジタル放送や110度CSデジタル放送、地上デジタル放送があげられる。
BMLは、BMLの使用によってサブセット化されたXHTMLECMAScriptとJPEGとMPEGMPEG Audio、バイナリーテーブルによって構成される。このことをマルチメディアコンテンツと呼ぶ。
イベントと呼ばれるメカニズムによりES上の変化を検出しコンテンツに動きを与えることができる。大相撲中継を見ているときにリアルタイムに情報を反映させるときなどにこのメカニズムは使われる。
BMLにはいくつかセキュリティがある。ECMAScriptによって個人情報を読み取ることができ、読み取った情報を第三者に送ることが可能であるためである。第一のセキュリティとして、放送設備によるセキュリティが、第二のセキュリティして放送局識別子が、第三のセキュリティとしてB-CASカードによる識別がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る