の AviUtlに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

AviUtl

読み方、または別称:えーぶいあいゆてぃえる

AviUtlはエーブイアイユーティーエルと読み、KEN君が個人的に開発している動画編集用ソフトである。AVIファイルを編集し、各種コーデック圧縮する事ができ、フリーソフトウェアとして公開されている。
ちなみに、AVIとはAudio Video Interleaveの略称であり、Windowsの標準動画ファイルフォーマットである。コーデックとはcodecと書き、符号化方式を使ってデータの暗号化と複合化を同時に行うソフトウェアのことである。
2003年8月16日にAviUlt version 0.99が開発されて以来作者多忙のため続編が出なかったが、2007年11月3日にversion 0.99aが開発された。元来、ノイズ除去やシャープ、ぼかしやクリッピングの機能を備えていたが、さらにversion 0.99aよりマルチスレッド対応となり、プラグイン開発用SDKを利用してプラグインをマルチスレッド対応にすることが可能となった。
AviSynthとはプラグインの相互利用が可能である。AviSynthとは、オーヴィーシンスと読む。AviSynthはBen Rudiak-Gouldによって開発された動画編集ソフトウェアである。AviUltからAviSynthにプラグインする場合、条件を満たさないとデータに変化が起こる場合がある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る