音声/音楽 の ATRAC3に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ATRAC3

読み方、または別称:あとらっくすりー

ATRAC3(アトラックスリー)とは、Adaptive TRansform Acoustic Coding 3の略で、SONYが開発したメモリースティックウォークマンなどに使われていた圧縮フォーマットATRAC「Adaptive TRansform Acoustic Coding」の改良版。
SONY製品を中心に、音楽配信サービスやMDLP(MDの長時間録音モード)などに採用されており、圧縮後のデータ量は、圧縮率によって4分の1から20分の1程度になる。また、CD並みの音質ならば、ATRACのさらに半分の10分の1程度のデータ量になる。
ATRAC3は、音声信号を帯域分割フィルタで4つの周波数帯域に分割して時間ベースのデータ列から周波数ベースのデータ列に変換し、圧縮符号化するが、そのとき、人間には聞こえにくい成分や大きな音の前後のデータを間引くことにより、音質を損なうことなく符号化することができ、ATRAC3は、この間引きの判別精度をATRACの2倍に高めることにより高い圧縮を実現している。
ファイルの拡張子は「aa3」。だが、ATRAC3に組み合わされる著作権管理技術OpenMGによる暗号化がされた場合は「oma」もしくは「omg」となる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る