IDE/ATA の ATAPIに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ATAPI

読み方、または別称:あたぴ

ATAPI(Advanced Technology Attachment Packet Interface)とは、ハードディスク(HDD)以外のデバイスの接続を可能とするために考案された、データ転送方式の規格のこと。ハードディスク以外のデバイスとは、例として、パーソナルコンピュータやCD-ROMなどが挙げられる。
ATAPIは、日本語では「アタピー」と発音することが多い。これが開発された経緯としては、元々、1989年にアメリカ規格協会(ANASI)によって標準化されたATAが、パーソナルコンピュータとハードディスクドライブの接続しか想定されていなかったため、それ以外のデバイスへの対応を可能とするために、SCSIのようなパケット形式のコマンドを用い、ATAとは独立した仕様、すなわちATAPIが作られた。
ATAとATAPIは、パーソナルコンピュータとハードディスクドライブを接続する場合をATA、パーソナルコンピュータと、CD-ROM、DVD等のハードディスク以外のデバイスを接続する場合をATAPIと認識されていたが、現在では、EIDEを規格化したATA-2、信憑性や障害管理機能の追加を行ったATA-3を含め、ATA-4において規格が統合された。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る