TCP/IP の ARPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ARP

読み方、または別称:あーぷ

ARP(アープ)はAddress Resolution Protocol (アドレス解決プロトコルアープ)の略称で、イーサネット環境でIPアドレスからそれに対応するMACアドレスをダイナミックに得るために用いられるプロトコルであり、RFC 826で定義された後 にRFC 5227, RFC 5494 などで内容が強化されている。
TCP/IPにおいて、IPパケットを送受信するためには下位のデータリンク層のアドレスを取得する必要があるが、そのためにMACアドレスが必要な場合にARPが用いられる。
なお、イーサネットの場合、論理的なIPアドレスを物理的なハードウェア・アドレスのMACアドレスに変換する必要があるが、MACアドレスからIPアドレスに変換するプロトコルは、RARP(Reverse address resolution protocol)と呼ばれている。
ARPは、要求されたパケットに送信元の IPアドレス・MACアドレスと通信相手の IPアドレスの情報を取り込んで、イーサーネットワークに送信する。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る