プログラミング用語辞典 の AOPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

AOP

読み方、または別称:えーおーぴー

AOP(Aspect Oriented Programming)、すなわちアスペクト指向プログラミングは、オブジェクト指向では分離できない機能をアスペクトとみなし考え、アスペクト記述言語で分離して記述することでプログラムに柔軟性をもたせるものである。
なお、アスペクトの例をあげるとすると、データ転送帯域の制限や例外処理などが該当する。なお、Java言語 にアスペクト指向の要素を追加したAspectJ が実験的にではあるが実装されている。アスペクトはすなわち、オブジェクト指向とは直交する概念である。
主なアスペクト指向言語 には、AspectC++、AspectJ、AspectR、JBossAOPがあり、主なアスペクト指向フレームワークには、Aspectcocoa、AspectWerkz、Spring Framework、Seasarがある。
なお、アスペクト比とは、ある対象物の縦X、横Y、巾Zの3軸のうちの2つの軸における長さの比のことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る