情報科学 の ANTLRに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ANTLR

読み方、または別称:あんとらー

ANTLR(ANother Tool for Language Recognition)はパーサジェネレータで、そのコンセプトはLL構文解析に基づいている。PCCTS続く言語認識ツールとして1989年に開発されたが、現在でもアメリカのサンフランシスコ大学の Terence Parr 教授を中心に開発が続けられている。
なお、ANTLR はパーサだけでなくレキサーやツリーパーサの生成もでき、文法の記述方法はEBNFに似ている。
現在、ANTLR は C、C++、Java、Python、C#、ActionScript、JavaScript、Ruby、Objective-Cなど多くの言語のコードを生成することができ、ANTLR 3 はBSDライセンスで提供されている。
なお、ANTLRの理論的な背景は、ANTLRのウェブサイトに掲出されている論文の、The Foundation of theANTLR Parser Generator、ANTLR: A Predicated-LL(k) Parser Generator などで説明されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る