AMD の AMD-Vに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

AMD-V

読み方、または別称:えーえむでぃーぶい

AMD-Vは、AMD Virtualizationの略称。AMD Virtualizationとは、ハードウェア仮想化拡張技術のことで、AMDによるx86 アーキテクチャものを指す。初期のAMD-Vは2006年に発表され、Athlon 64、ソケットをSocket AM2とするAthlon 64 X2 のファミリ「F」、もしくは「G」、Turion 64 X2、Opteron 第二世代と第三世代、AMD Phenom、及び以降のプロセッサに搭載されている。
コンピュータ仮想化技術とは、本来、1台のコンピュータで1つのOSしか動かすことができないものを、1台のコンピュータを複数の仮想マシンとして論理的に分割することで、それぞれの仮想マシンにおいて別々の独立させたOSを動作させることを可能とする技術のことをいう。
これは、前提としてOSが全てのコンピュータのハードウェアリソースを占有して動作するという条件があるためである。AMD Virtualizationのメリットは、x86 アーキテクチャハードウェア仮想化拡張技術を用いることで、ハードウェアレベルで複数の仮想マシンを制御することを可能としており、これによって複数のOSの切り替え処理などにおいて、オーバーヘッドが少なくなることなどが挙げられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る