情報科学 の ABAPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

ABAP

読み方、または別称:えーびーえーぴー

ABAP(Advanced Business Application Programming、アバップ)とは高級言語のことで、R/3などSAPシステムの製作やアドオンを開発する際に用いられる。SAP AGの製品のみに使われ、文の終了記号は「.」(ピリオッド)になる。また、「テーブル」といわれるデータベースシステムを用いており、その種類は「標準テーブル」「アドオンテーブル」「内部テーブル」の3つがある。
標準テーブルはSAP R/3に最初から実装されているテーブルで、アドオンテーブルはエンジニアやコンサルタントが後で追加し作成するテーブルのことを指す。内部テーブルは、特定のプログラム内でのみデータを保存できるテーブルで、これらのテーブルからデータを取得したり、データを挿入したり、削除したるする。
この際、SQLを用いることができる。プログラム上でデータを挿入すると、内部テーブル以外に“作業領域”と“変数”が存在する。その他、「データの宣言」「定数の宣言」「イベント」「トランザクションコード」などがある。
データの宣言では、「CONSTANTS:定数名 TYPE 型名 VALUE {値|IS INITIA}」の方法を用いる。「イベント」は、それぞれの処理に対しAZAP言語を用いて処理していく。トランザクションコードは、各処理画面への移動法として存在し、アドオン開発に用いられる。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る