短距離無線通信 の A2DPに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

A2DP

読み方、または別称:えーつーでぃーびー、A2DP、Advanced Audio Distribution Profile

A2DPとは、Bluetooth対応のワイヤレス機器間の通信規約であるBluetoothプロファイルの一つで、音声(オーディオ)データをストリーミング配信するための手順を定義したものである。
A2DPに対応した機器同士であれば、ACL(Asynchronous Connectionless Link)と呼ばれる非同期チャネルを用いて通信することにより、高品質な音声データの伝送が可能になっている。
A2DPは、主に、携帯電話やスマートフォン、携帯音楽プレーヤーなどから、ワイヤレスヘッドホンなどへ、オーディオデータをストリーミング配信する場合に用いられる。
対応する音声データ形式としてはSBC(SubBand Codec)、MPEG-1オーディオ、MPEG-2/4 AAC、ATRACなどがある。このうち、SBCに対応することが必須で、その他はオプションとなる。このほか、メーカー独自の形式を利用することもできる。
Bluetoothを使用した音声データ配信のプロファイルとしては、A2DPのほかにHSP(HeadSet Profile)、HFP(Hands-Free Profile)などがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る