音声/音楽 の 5.1chサラウンドに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

5.1chサラウンド

読み方、または別称:ごてんいちちゃんねるさらうんど

5.1チャンネルサラウンドとは、臨場感のある音響効果を実現するために開発された出力システムで、もともとは映画館などで使用されていたが、最近はDVDやデジタル放送などにも使用されている。
1つのスピーカーで音声を再生するモノラル、そして2つのスピーカーによって左右の音声の広がりを表現出来るステレオに対して、5.1chサラウンドでは、視聴者に対して、正面、右前方、左前方、右後方、左後方に配置したスピーカーに、低音出力用サブウーファースピーカーを正面に配置するという6つのスピーカーを使用する。
前後左右の組み合わせで、360度の立体感を表現できるため、5.1chサラウンドは、モノラルにもステレオにもない臨場感のある音響効果を実現することができる。なお、「5.1ch」の「0.1ch」は、出力できる音域が狭いサブウーファースピーカーを指している。
ただし、5.1chサラウンドではモノラルやステレオに比べてはるかに臨場感のある音響効果が得られるが、完全に実現するには、6つのスピーカーが必要になるため、システムは高価にならざるを得ない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る