家電/AV機器 の 480iに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

480i

読み方、または別称:よんはちまるあい

480iとは、映像形式の略称で、iはInterlacing(インターレース)を意味する。408は垂直方向の走査線数を指し、NTSCの特性を表している。NTSCには、合計525ラインの走査線がある。DV-NTSCでは、これらの408ラインのみ映像表示に使用し、同様にアナログNTSCでは486ラインが使用される。
このうち2ラインはハーフラインとなり、263番目の走査線は奇数フィールドの最終ラインに描画される。また、283番目の走査線は、偶数フィールドの最前ラインに描画される。
発信または同調周波数を連続的に変化させることで、対象物質の情報を得たり、再生する。また、なぞらえ、コンピュータのポート番号を順に変化させ、情報の読み書きを行う場合にも、走査と呼ばれることがある。ちなみに、テレビ用語としては、電波法施行規則の「走査」となる。
画面を構成する絵素の輝度や色に従い、一定の方法で画面を逐次分析していくことである。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る