業界 の 3GPP2に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

3GPP2

読み方、または別称:すりーじーぴーぴーつー

3GPP2(スリージーピーピーツー)とは、3rd Generation Partnership Project 2の略で、第3世代移動通信システム(3G)の仕様を作成する標準化プロジェクトのこと。
1999年1月にアメリカのTIA、日本の電波産業会、情報通信技術委員会、韓国のTTAによって設立され、後に中国CWTS(現、CCSA)も加わった。3GPP2は法人格ではなく、標準化団体間のプロジェクトである。
3GPP2では、MMS (Multimedia Messaging Service)、MSS(Multimedia Streaming Service)等で利用するためのファイルフォーマットが規定されていて、拡張子は「3g2」。KDDIがCDMA 1X WIN端末向けの動画配信フォーマットとして採用し、最大1.5Mバイトの容量に達する動画配信サービス「EZムービー」などが、このフォーマットで提供されている。
3GPP2ファイルフォーマットで採用されているコーデックは基本的に3GPPフォーマットと同じで、一般的にはMPEG-4ファイルと呼ばれるもの。オーディオコーデックMPEG-4 AAC-LCおよびHE-AAC。3GPPと異なり、メールへの添付以外にもストリーミングなどで利用されることを想定して、周期的にヘッダを挿入するムービーフラグメントが導入されている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る