コーディング の 2進法に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

2進法

読み方、または別称:にしんほう

二進法(にしんほう)とは、2 を底(てい)とし、底およびその冪(べき)を基準にして数を表す方法である。二進法は英語ではバイナリ (binary) というが、その意味は二個一組や二単位である。
一番古いとされている二進法の記述の一つは、インドの学者ピンガラ (Pingala)が紀元前200年頃に考案した韻律を数学的に表現する方法であるが、その後、1605年にフランシス・ベーコンはベーコンの暗号と呼ばれる、アルファベットの文字を二進数字の並びで表す体系を論じている。
また、1854年、イギリスの数学者ジョージ・ブールはブール論理/ブール代数を発表し、その論理計算法が10進法に代わってデジタル電子回路の設計に使われるようになった。
集積回路などのデジタル回路やハードディスクなどの磁気ディスクでは、電圧や磁極などは二値の物理現象が基本になるため、デジタルコンピュータは二進法を採用し、0 と 1 で数値を表現している。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る