ITと社会用語辞典 の 2038年問題に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

2038年問題

読み方、または別称:にせんさんじゅうはちねんもんだい

2038年問題とは、2038年1月19日3時14分7秒(UTC、以下同様)を過ぎると、コンピュータが誤動作を起こし社会に混乱を招く可能性があるという問題。
最近のOSや言語処理系では時刻の管理に64ビットの符号付き整数を利用しており、これを1970年1月1日午前0時からの経過秒数として使えば西暦3000億年程度まではコンピュータが誤動作を起こすといった問題は起きない。
しかし、古いUNIXやC言語では時刻を1970年1月1日午前0時からの経過秒数で管理しており、この値は多く32ビットの符号付き整数で実装されているため、上限値である21億4748万3647秒を超えると正しく時刻を表現できなくなる。
西暦を下2桁で管理していたコンピュータが西暦2000年を迎え不具合を生じるとされた「西暦2000年問題」では、アプリケーションソフトの仕様とデータ形式の問題だったため個々の問題として修正が比較的容易だったことで大きな社会的混乱は生じなかった。
しかし、2038年問題は最も普及しているプログラミング言語の仕様に関わる問題だけに対処は難しいのではないかとも言われている。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る