Ethernet の 10BASE-5に関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

10BASE-5

読み方、または別称:てんべーすふぁいぶ

10BASE-5は10メガビット・イーサネットで、10Mbpsの転送速度のイーサネットであるが、厳密に言えばイーサネットとはこの10BASE-5 (IEEE 802.3) のことを指した。
その後10BASE-2 (IEEE 802.3a) が作られ、次いで1BASE-5のスター型トポロジーを採用した10BASE-T (IEEE 802.3i) が作られ、さらに光ケーブルを使う10BASE-F (IEEE 802.3j) へと発展した経緯がある。
なお、IEEE 802.3は拡張規格の統合改訂があり、今ではIEEE 802.3aとIEEE 802.3iはIEEE 802.3に含まれている。
実は、10BASE-5はケーブルが太いため引き回しに難点があり、分岐装置の取り付けが面倒という問題点があった。この問題を解決するために、同軸ケーブルでも細いものを線の両端にコネクタを取り付けて、簡単に接続を可能にしたのが10BASE2(テンベースツー)のイーサネットで、IEEE 802.3aとして標準化された。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る