Ethernet の 100BASE-TXに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

100BASE-TX

読み方、または別称:ひゃくべーすてぃーえっくす

100BASE-TXとは、100メガビット・イーサネット(ファストイーサネット)の規格の1つである。100BASE-TX「ひゃくべーす」と読む。カテゴリ5以上シールドが施されていないツイスト・ペア・ケーブル(Unshield Twisted Pair)内の2対4線を、伝送路として使用しており、集線装置(ハブ)を介して各機器を接続するスター型LANである。
通信速度は100Mbps、最大伝送距離は100mまでで、リピータハブ団数は2段までとなっている。現在、これはIEEE 802.3uとして標準化されており、最も普及している規格の1つである。また、100BASE-TX用の機器は、10BASE-T互換性のあるものが多いため、1つのネットワークに混在させることが可能となっている。
逆に、互換性のないものは100BASE-VGで、これはトークリングの仕様を引き継いでいるため、100BASE-Tとの互換性を持っていない。ちなみに、100メガミッド・イーサネットの規格の1つである100BASE-FXは、光ケーブルを用いたものである。なお、100メガミッド・イーサネットの他の規格としては、100BASE-FX、100BASE-VG、100BASE-VG AnyLANがあるが、その中でも100BASE-T2/100BASE-T4/と100BASE-TXを総称して、100BASE-Tと呼ぶことがある。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る