Ethernet の 1000BASE-Tに関する解説。

株式会社 日立ソリューションズ

HITACHI Inspire the Next

  • ホーム
  • ソリューション・商品
  • 事例紹介
  • セミナー・展示会
  • ビジネスコラム
  • 企業情報
  • お問い合わせ

1000BASE-T

読み方、または別称:せんべーすてぃー

1000BASE-T (センベースティー)とは、最高通信速度1GbpsのGigabit Ethernet規格の1つでIEEE 802.3abとして1999年に仕様が規定された。1000BASE-Tは、100BASE-TXと同じ、カテゴリ5(CAT5)やエンハンスドカテゴリ5(CAT5e)のUTPケーブルを使用する規格で、4対8芯の信号線すべてを使用する。
そのため両端の機器を1000BASE-T対応のものに入れ替えるだけで、既存の100BASE-TXネットワークをGigabit Ethernet(1ギガビット/秒の仕様のイーサネットの規格)対応にすることが可能である。
1000BASE-Tではイーサネット機器同士の自動認識を行い、結線時に自動認識用信号を送り出してお互いのスループットや全二重/半二重を確認し、相手が10BASE-T100BASE-TXではノーマル・リンク・パルスとアイドル信号というそれぞれの固有信号形式によって判別して通信設定を行い、下位互換性を実現している。
Gigabit Ethernet規格には、この他にIEEE 802.3zとして規定されている1000BASE-X規格群があるが、こちらはFibre Channelで使用されている光ファイバーなどのケーブルを使用するため、在来のEthernet規格とは互換性がない。

ページトップへ戻る

話題の用語

ITと社会用語辞典

ワークロード

ワークロードとは、システムのパフォーマンスを適正な状態に保つための指標のこと。

インターネット用語辞典

ライフログ

ライフログとは、人間の活動の記録(行動履歴)をデジタルデータとして記録すること、およびその記録のことである。

ページトップへ戻る

情報漏洩防止ソリューション 「秘文」

ITのお悩みをソリュっと解決! 特命課ソリュートくんがいく!

『オムニチャネル』から商品を探すページです。日立ソリューションズは、コンサルティングからシステム構築、サポートとトータルソリューションをご提供するシステムインテグレーション企業です。

ページトップへ戻る